第133話「サスケのいない里」◆アニメBORUTO

第133話「サスケのいない里」 2019.11.24




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

大筒木ウラシキ 自来也 春野サクラ 
猿飛アスマ 奈良シカマル 山中いの 秋道チョウジ


概要
  • 自来也は、密かにサスケの様子を伺っていた。ナルトに弁当を渡すだけでなく、自身の体験を交えた話を聞かせ励ましていた。

    「おぬし…うちはサスケか?」

    サスケは驚愕する。しかし自来也は、「そんなわけないわな」と笑い飛ばして見せた。

  • 自来也は、ボルトとサスケがナルトを守ろうとしているのは間違いないと考えている。一方で、彼らの素性が掴めないのも事実である。そこで自来也は、二人について詮索しない代わりに、ウラシキの情報をくれと持ち掛けた。

  • サスケは知る事を話す。ウラシキが木ノ葉に現れたのは、強大な九尾のチャクラを奪う為。もし九尾チャクラがウラシキの手に渡れば、我々に未来は無い。

  • チャクラを抜き取るウラシキの攻撃は、自来也の施した封印術で防げると分かった。しかし、それも万全とは言えない。ナルトの封印術は特殊な上、九尾化した時は多少のチャクラが抜き取れた為である。更に厄介なことに、ウラシキは時空間忍術を扱い、どこから来るか分からない。ウラシキが術を使えばサスケは感知できるが、まだ未知の術も持っていそうだ。

  • ボルトはナルトの所に戻り、修行を再開する。その後の夕食は、ラーメン一楽であった。ボルトは、ナルトにサスケが里抜けした理由を問う。それは、力を得る為だという。うちは一族は、サスケひとりを残し滅ぼされた。サスケは敵を討つために強くなろうとしていた。里抜けしたのは、繋がりを断った孤独の痛みが人を強くするという考えによる。ナルトと仲間達は全力で止めようとしたが、サスケは大蛇丸の元へ行ってしまった。

  • ボルトは更に、何故そこまでしてサスケを連れ戻したいのか問う。それは、ナルトにとってやっと出来た繋がりだからだという。親も兄弟もいなかったナルトには、サスケが兄弟のように思えた。だからサスケを連れ戻そうと突き進む自分には、ウラシキに構っている暇などないと、ラーメンを食べたらさっさと修行再開する意気込みを見せる。

  • サスケと自来也には、ウラシキの能力以外にも懸念すべき点があった。タイムスリップ以前に、ウラシキにチャクラを抜き取られていたサスケは、未だ本調子ではない。自来也はサスケに、ウラシキの時空間忍術の阻止を任せた。その隙に、封印術でウラシキを封じ込め、蝦蟇油弾で吹っ飛ばすつもりだ。

  • ナルトとボルトは二人でゴムボールを持ち、同調させたチャクラで割る修行を続ける。ナルトは舞い散る木の葉を見て、修行の打開策を思いつく。 掌に木ノ葉マークを描き、そこにチャクラを集中させるイメージで取り組めば良い。もう少しでボールを割れそうになった。

  • 聞きたい事があると、二人のところにサクラがやって来る。サスケが落としたサラダの書き置きを手にしている。水に濡れ殆ど読めなくなっているものの、「サスケ」と書いてあるのは判る。サクラはボルトに、サスケについて何か知っているかと尋ねる。 サクラは、ボルト達が旅芸人と自称しながら芸をしている様子もなく名前さえ分からないので、不審に思っていた。ボルトは、手紙に出てくる「サスケ」は、サクラの知るサスケとは別の人物だろうと誤魔化した。サクラは、手紙を落としたあの人物に直接聞くしかないかと考える。

  • 翌日も修行を続けるナルトとボルトの前に、ウラシキが出現した。サスケは感知し、自来也と共に向かう。自来也の火遁・炎弾とサスケの手裏剣が放たれる。かわしたウラシキは、サスケから奪った術・千鳥でサスケを追い詰める。その隙を突こうとした自来也の攻撃も、空間異動され通用しない。

    「私の目は未来を見通すことができるのです」




ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    大筒木ウラシキ 自来也 春野サクラ 
    子供時代 タイムスリップ編

    猿飛アスマ 奈良シカマル 山中いの 秋道チョウジ 
    宝具 カラスキ


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ