第121話「一尾(いちび)を守れ!! 託された任務」◆アニメBORUTO

第121話「一尾(いちび)を守れ!! 託された任務」 2019.08.25




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

我愛羅 カンクロウ シンキ 大筒木ウラシキ
一尾(いちび)の尾獣“守鶴(しゅかく)” アラヤ ヨド


概要

  • ボルトが風の国の目的地に到着すると、サスケと我愛羅が大筒木ウラシキと交戦中であった。ウラシキは月のトネリから頂戴した傀儡達も引き連れていた。そのさなか、サスケはウラシキにより異空間に飛ばされる。我愛羅は砂漠層大葬で、なんとか一時的にウラシキの動きを封じた。

  • ウラシキは守鶴のチャクラを狙っていると、サスケの報告から判明している。我愛羅はチャクラを感知されないよう守鶴を茶釜に封じ、カンクロウ・シンキ・ボルトに木ノ葉まで送り届けるよう頼む。我愛羅はあえて、シンキと連携の取りやすい砂隠れのアラヤとヨドではなくボルトを同行させた。今のシンキには、ボルトから学ぶものがあるとの考えからである。

  • 守鶴は堅苦しいシンキよりボルトに懐く。ボルトとシンキは何かと対立しながら、一行は稼働停止した風力発電所に辿り着く。しかし施設内に通信装置はなく、この付近では木ノ葉と連絡がとれそうにない。野営中の夜空を見上げたカンクロウは、気を張り続けるシンキに「お前には、この星空が方向を示すものにしか見えてない」と聞かせた。

  • 砂漠を進むボルト達に、ウラシキの配下である傀儡達が襲い掛かる。カンクロウは傀儡のスペシャリストとしてこの場を引き受け、ボルトとシンキを先に進ませる。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    我愛羅 カンクロウ シンキ 大筒木ウラシキ
    一尾(いちび)の尾獣“守鶴(しゅかく)”

    風の国 風影 砂隠れ
    アラヤ ヨド 傀儡 大筒木トネリ
    サスケ 輪廻眼 


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ