第126話「守鶴の企み」◆アニメBORUTO

第126話「守鶴の企み」 2019.09.29




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

うずまきヒマワリ 守鶴 九喇嘛 尾獣

概要

  • ウラシキの狙いは強大なチャクラと判明した。ナルト達は、先日狙われた守鶴だけでなく、各里の尾獣も保護すべきだと結論付けた。守鶴は封印用の茶釜に入ったまま、しばらくの間うずまき家で過ごすことになった。

  • 守鶴がモデルの人形シュカークを持っているヒマワリは、守鶴を見てはしゃぐ。守鶴のほうは、よくいがみ合う九喇嘛が近くに居て不機嫌である。

  • ナルトは欠員もいるが、尾獣達の深層心理がつながった精神世界で今後の話し合いをした。その間に寝てしまったヒマワリを見たナルトは九喇嘛と、火影就任式の時に白眼となった彼女に悶絶させられたエピソードを回想する。それを聞いていた守鶴はほくそ笑む。

  • 翌朝、うずまき一家は守鶴も連れて遊びに出かける。守鶴はヒマワリを観察していたが、特別変わったところは見当たらない。千手公園で直接ヒマワリに、ナルトと九喇嘛を悶絶させた時の状況を聞いても、よく覚えていないという。落胆した守鶴はヒマワリを遠ざけ、ふて寝する。

  • 公園の清掃員は、茶釜に入り切った守鶴をゴミだと思い、スクラップ場行きにした。ボルトとヒマワリは、スクラップ場に急ぐ。スクラップの山から見付けられなければ、守鶴は圧し潰されてしまう。焦燥したヒマワリは無意識に白眼を発動し、守鶴を救い出した。

  • 守鶴はこの一家といると調子が狂うと自覚した。九喇嘛にナルトの中から出てこないのは一家を見守っているからではないかと問うと、図星だった様子である。

  • 守鶴は保護区に移送されると決まった。名残惜しそうなヒマワリだったが、別れの挨拶のように尾を振る守鶴を見て笑顔になる。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    うずまきヒマワリ 守鶴 九喇嘛
    第126話「守鶴の企み」


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ