第114話「ゲマキ代理戦争!!」◆アニメBORUTO

第114話「ゲマキ代理戦争!!」 2019.07.08




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

油女シノ ロック・リー メタル・リー 雷門デンキ
奈良シカダイ 結乃イワベエ 雷門カンパニー社長


概要

  • 最近ボルト達男子の間で、「激・忍絵巻(通称:ゲマキ)」というカードゲームが流行している。有名な忍達のイラストカードに、カードバトルにおける能力値等が記されている。熱中する男子を見るサラダは呆れ顔だが、すぐ完売するほどの人気商品だ。

  • 誰のカードが出たかで盛り上がるボルト・シカダイ・メタルは、アカデミー時代の教師・油女シノと会う。赤丸のカードまであるのに自分のカードは無いと内心気にするシノを見たボルト達は、ゲマキを製造する雷門カンパニーに出向く。社長は、ボルトの同期・デンキの父である。

  • ゲマキ第2弾のカード化リストには空枠が1名分あると知ったボルトは、シノをカード化してもらうよう社長に頼む。しかしメタルは、自分の父ロック・リーもカード化されていないと気付く。デンキは父に、雷門カンパニーとしてはより売れる方をカード化すべきと進言する。そこでシノとリー、どちらに需要が有るか調査する為、ゲマキ購入者を対象にアンケートをとることになった。

  • ボルトとシカダイは、シノの知名度を上げる為、商店街でシノの似顔絵ビラを配布しつつ、彼の戦功をアピール。メタルと協力するデンキは、リー仕様のラッピング雷車を走らせながらアピールする。社長が人気投票の途中経過を集計したところ、リーが圧倒的優勢であった。このままではシノは一生影の薄い存在だと焦るボルトは、とにかく目立つことをしようと考える。

  • 土遁が得意なイワベエにナルトの激レアカードを譲り、火影岩の横にシノの顔岩をつくらせる。この作戦に気付いたメタルは、木ノ葉旋風でシノ顔岩を削ってリーの顔に造り替えようとする。ボルトとメタルが争っていると、当のシノとリーが駆け付けてくる。2人は、そんな事で目立とうとは思わないが、教え子の気持は嬉しく思っていた。

  • その時、市街地で火事が発生し上階に子供が取り残されていた。リーが得意の体術で即席シノ/リー像を、燃える建物まで蹴り飛ばした。像は給水タンクを破り、消火に成功。シノは大量の寄壊蟲を駆使し、建物から子供を運び出した。

  • その後、ボルトとメタルがゲマキ第2弾を購入すると、シノとリー両者ともカード化されていた。さきの活躍で2人共人気が急上昇した為、社長は2人ともカード化したのだ。しかし購入した他のゲマキカードも、シノとリーばかりが続けて出る。目的を達成したにも関わらず、ボルトもメタルも落胆するのだった。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第114話「ゲマキ代理戦争!!」 ゲマキ
    油女シノ ロック・リー メタル・リー

    激忍絵巻 通称ゲマキ 奈良シカダイ
    雷門デンキ 結乃イワベエ 雷門カンパニー


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ