第7話「恋とポテチ…!!」◆アニメBORUTO

第7話「恋とポテチ…!!」 2017.05.17




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

筧スミレ マギレ

概要
  • ある日の雷バーガー、ボルトはシカダイに拙い絵で説明を試みていた。メタルやシノに取りついた謎の影についてである。シノは「操られるみたいな感じ」がしたと言った。シカダイは操られた者達に記憶が残っている不自然さ、操った者の目的が気にかかる。

  • 連れだって歩くサラダ・チョウチョウ・スミレは、背後から凝視してくる気配に気が付くが、姿を捉えられない。それ以来、彼女達は毎日「ストーカー」の視線を感じるようになった。

  • また視線を感じたチョウチョウは、自販機ごとストーカーを圧し潰す。騒ぎを聞きつけ、ボルト・シカダイ・ミツキも駆けつける。チョウチョウは、気弱そうなストーカーが隣のクラスのマギレと気付く。イケメンが少ないアカデミーの中では、まあ上位だと評価していた。

  • ボルトはマギレから例の影を感じなかった。ストーカー行為の理由を聴くと、スミレへの恋慕であった。チョウチョウに背中を押され告白するも、あえなく断られる。なんでも一度は勝負してみないと分からない、と励ますチョウチョウ。しかし失意のマギレは逃げ去っていく。

  • その後も怪現象が続く。マギレは登校していないにも関わらず、黒板に『スミレ いつも君を見てるよ』のメッセージ、スミレへの想いを綴った紙が大量にバラ捲かれる。ボルト達とスミレが校舎を移動していると、突然シャッターが閉まる。ひとりでに煙玉の箱が落下し、戸が閉まり、スミレは孤立する。犯人は、姿を消せるマギレであった。

  • マギレは屋上でスミレを追い詰めていた。ボルトの青白く発光した右目は、今のマギレに例の影を見た。姿を消して攻撃してくるマギレ。チョウチョウは、弱さ情けなさは隠せていないと一喝した。姿を現したマギレはポテチをもらい、美味しさに涙する。黒い影が消え去ると、マギレは気絶した。その様子はチャクラが急激に減った状態と近かった。

  • シカマルは、ここ最近チャクラを奪われ病院に運ばれる者が出ていると報告した。



ポイント

    07-08_miss.png

  • アニメ序盤の忍者学校入学編は、謎の転校生ミツキをトネリ関係者だとミスリードしようとしたのだろう。
    7話は『なぜボルトにだけ例の影が見えるのか』と呟き、満月を見上げるミツキで終わる。
    8話は木ノ葉を見下ろす満月にズーム、月世界で『鍵となるのは、やはり彼か』と呟き、地球を見下ろすトネリで始まる。

  • 08_toneri02.png

  • ミスリードは続く。8話の夢の中、ボルトはトネリと出会う。トネリの顔は影になり見えない。
    ボルトの瞳に映るトネリの容貌は、髪色と髪型が近い為、ミツキそっくりに見える。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    マギレ 筧スミレ ストーカー


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ