第117話「レモンの秘密」◆アニメBORUTO

第117話「レモンの秘密」 2019.07.28




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

猿飛木ノ葉丸 宵村レモン 明月カンキツ あさき
巫女クエン 記憶を喰らうバケモノ走馬 アンズ


概要

  • 木ノ葉丸とボルトは、宵村レモンが住む橙村までハンカチを返しに行った。ところが屋敷から出てきたレモンは、2人と話そうとしない。白装束を纏う彼女は、先日と打って変わったよそよそしい態度をとる。続いて屋敷から現れた同じく白装束の男・明月カンキツは、レモンの婚約者で彼等は婚礼衣装を試着しているところであった。歓迎されていないと分かった木ノ葉丸は、レモンの豹変を不可解に感じつつ、そのまま里に戻る事にした。

  • 帰路、ボルトと木ノ葉丸は橙村への帰り道が分からなくなってしまった女の子・アンズを見かける。木ノ葉丸達はアンズを送り届けに村に引き返す。 一方カンキツは、目前に迫る婚姻の儀までに万一の事があってはと、レモンを鉄格子付きの部屋に入れ、軟禁状態に置く。 そして「走馬」から記憶を守る大切な物だというレモンのかんざしを、自分が保管すると言って取り去る。

  • アンズを母親の所に帰した木ノ葉丸は、ボルトの説得もあり、もう一度レモンに会うと決める。 軟禁状態のレモンは使用人のあさきから、村で記憶をなくす者が出たと聞かされる。 こんな事は言い伝えには無かった為、婚姻の儀を早めなければと、危機感を憶える。

  • 厳重な警備をかいくぐり木ノ葉丸とボルトは、レモンがいる部屋の窓辺に降り立つ。 どんな理由であれ軟禁状態におかれたレモンを心配する木ノ葉丸達に、レモンは村を救う使命について話す。

  • 400年前、橙村は走馬という人の記憶を喰らうバケモノにより危機に瀕していた。 巫女クエンは走馬に乗っ取られそうになりながらも、岩に封じる事には成功した。 しかし走馬の力の一部はクエンに残り、その子孫にも受け継がれてしまった。レモンとカンキツはクエンの子孫で、宵村家と明月家は元は同じ家系であった。

  • クエンの子孫は、20歳になると呪いが掌の刻印となって現れる。刻印を持つ者は、走馬と外の世界をつなぐ出入口となる。 その者達は、長い年月をかけ走馬から記憶を奪われてしまう。レモンのかんざしはクエンから受け継がれてきたもので、呪いを受けた女性の記憶を守るものだった。

  • 走馬の封印は100年で弱まり、封印岩から角が伸びてくる。走馬復活を防ぐ為、刻印を持つ両家の男女が婚姻し、岩から伸びる走馬の角を切り落として封印しなおすという儀式が行われてきた。今が走馬復活の100年目にあたり、レモンとカンキツが結婚する必要がある。 封印と合わせて婚姻の儀を行わないと、カンキツは呪いにより記憶を奪われてしまう。

  • 走馬を倒してしまえばレモンは儀式から解放されると、ボルトは意気込む。しかし走馬は実体が無く、武器や忍術では倒せないという。 木ノ葉丸も、木ノ葉の里になら何か対処法があるかもしれないと提案する。 しかし木ノ葉丸から三代目火影の里を守った覚悟を聞いて儀式に臨む勇気を貰ったレモンの、決意はくつがえらない。 レモンにハンカチを返した木ノ葉丸は、その場を去る。

  • 翌朝、里に帰還しようとした木ノ葉丸達の前にあさきが現れる。あさきは、最近性格が冷たく変わり、毎晩ひとりでどこかへ出かけるカンキツを調べて欲しいと言った。

  • その晩カンキツはレモンの軟禁部屋に向い、木ノ葉丸が返したハンカチに目を止める。その日のカンキツは、どこかへ出かけることもなかった。 翌朝カンキツは、木ノ葉丸達から報告を聞こうと屋敷を出かけたあさきの背を冷たい目で見つめる。 すると、あさきは自分がこれから何をしようとしていたか思い出せなくなっていた。木ノ葉丸とボルトは、待ち合わせ場所に現れないあさきを待ち続ける。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第117話「レモンの秘密」 宵村レモン 明月カンキツ あさき 巫女クエン
    走馬 アンズ猿飛木ノ葉丸

    記憶を喰らうバケモノ 封印 婚姻の儀 猿飛ヒルゼン
    三代目火影 橙村


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第116話「木ノ葉丸とレモン」◆アニメBORUTO

第116話「木ノ葉丸とレモン」 2019.07.21




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

猿飛木ノ葉丸 宵村レモン

概要

  • 一昔前の欧米風世界が舞台の映画で、クラシカルな服装のヒーローとヒロインが駅で別れを告げる。 二人は想い合っていたが、共に在る事は叶わない結末を迎えた。鑑賞を終えたサラダとチョウチョウは感動する一方、ボルトは釈然としていなかった。 作中で二人は想いを言葉にしなかった為、ボルトには二人の関係性やストーリー展開が理解出来なかった。

  • 後日、ボルトは木ノ葉丸に、アクション映画を期待していたら恋愛映画だったと愚痴をこぼす。 木ノ葉丸は恋愛映画を見るのかと聞いたところ、
    「忍道が俺の恋人。火影を目指す俺には恋愛なんぞにうつつを抜かしている暇はない」

  • その時、二人の横を黒服の男達から逃げる女が駆けて行った。逃走中に階段を踏み外した彼女を、木ノ葉丸は抱きかかえて離れた場所まで運ぶ。 木ノ葉隠れの里に観光に訪れたという彼女は、宵村レモンと名乗った。

  • レモンは助けてもらった礼として、ボルトが食べに行きたいと言ったバーガーショップで、レモンバーガーをおごる。 実はすっぱい物が苦手だった木ノ葉丸は咳込み、レモンのハンカチを貸してもらう。

  • 木ノ葉丸とボルトは護衛を兼ねて、レモンに里を案内する。レモンは、露店で色とりどりの髪飾りに目を止めた。 木ノ葉丸がプレゼントしようかと申し出ると、レモンは2種類を手に取り、どちらが似合うと思うか尋ねた。

    anime116

    木ノ葉丸が選んだピンクと白の花型の髪飾りを付けたレモンは、頬を染めて喜ぶ。

  • 火影岩に上った三人の眼下には、平和な里が広がる。しかし里はかつて壊滅状態になったこともあり、木ノ葉丸の祖父は里を守る為に命を落とした。 木ノ葉丸という名は祖父が里にあやかって付けた名前――そう思うと、自分も里の人々を守らねばと身が引きしまる思いがする。 自分も祖父のような火影になりたい、と木ノ葉丸は語る。木ノ葉丸の決意を聞くレモンは、感銘を受けた様子だった。

  • 夕刻、一通り観光した彼等の前に、レモンを追いかけていた黒服の男たちが現れる。 彼等はレモンの家の者で、彼女が勝手に家を抜け出したため、追ってきたのだった。レモンは黒服たちに、自分はもう戻ると言い、木ノ葉丸とボルトに感謝を伝えた。

  • 翌日、レモンのハンカチを手にする木ノ葉丸は物憂げだった。 サラダとチョウチョウは木ノ葉丸の異変に気付くが、木ノ葉丸もレモンも分かりやすく好意を言葉にしていなかった為、ボルトには何が起きたのか分からない。 木ノ葉丸は恋しているとチョウチョウに力説されたボルトは、黙っていてはそれも伝わらないと思い、木ノ葉丸と共にレモンにハンカチを返しに行くことにする。

  • レモンの住む橙村を訪れると、彼女の家は豪邸であった。 木ノ葉丸とボルトに気付いた彼女は、先日と打って変わった態度で、木ノ葉丸達とは二度と会いたくないと告げる。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    116話「木ノ葉丸とレモン」 猿飛木ノ葉丸 宵村レモン


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第115話「第二十五班」◆アニメBORUTO

第115話「第二十五班」 2019.07.14




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

竹取ホウキ 黒衣ハコ 国防レンガ
スケア はたけカカシ 山中サイ


概要

  • カカシが火影屋敷を訪れると、サイ以外の姿が見当たらない。皆、予告状がきた爆弾事件の捜査にかかり切りの為であった。 カカシが何気なく手に取った書類は、現在郵便局に派遣されている下忍達――第二十五班への苦情であった。 カカシはフリージャーナリストのスケアに変化し、彼等の様子を見に行くことにする。

  • カカシと似た服装の竹取ホウキは、郵便局で班員に指示を出し荷物を仕分けようとしていた。しかし傀儡を使う黒衣ハコは、指示通りに動かず、別の作業を始める。 力のある国防レンガは、無茶な量の荷物を運ぼうとして、全て落としてしまう。この調子で二十五班の任務は失敗続きであった。

  • スケアに変化したカカシは、ホウキに話を聞く。ホウキはカカシに憧れ、よく似た服装をしている。 いつか彼のような完璧な忍者になりたいと願いながら、二十五班は失敗続きでDランク任務しか受けさせてもらえない。 担当上忍がケガで外れているので、自分が班を引っ張ろうと頑張っても上手くいかない。

  • 郵便局に爆弾事件を捜査中のボルトとサラダが駆け込み、特定の時間指定の荷物の1つに仕掛けられた爆弾を解除する。 彼等は犯人のアジトを見付け、犯人は逃がしたものの百貨店の包装紙と時間指定のメモを発見した。 犯人は、百貨店包装紙の荷物に時限式の爆弾を入れ時間指定で郵送し、確実にターゲットの所で爆発させる手口を使うと判明していた。 下忍が総動員される捜査から二十五班だけは外されたというのに、爆弾解除したボルトとサラダは郵便局員に称賛される。 自分達との差を見たホウキは更に焦り、このままで悔しくないのかとハコとレンガに詰め寄るが同意を得られない。

  • スケアはホウキに、ハコとレンガが指示通りに動かないのは、彼が2人の気持ちを考えていないからではないかと助言する。 スケアは2人の長所を挙げる。ハコは些細な情報からその背後にある物事を見抜く。レンガは人並み外れた力を持っている。 ホウキも、ハコは洞察力に優れ、レンガは力だけでなく防御に長けていると良く知っている。

  • スケアと話す内、ホウキも何故2人が指示通りに動かなかったか気付く。 ハコは配達員の思考を汲み取って荷物を並べ直し、力のあるレンガは作業の遅れを取り戻そうとして無茶な量を運んでいた。 ホウキは自分自身も2人の事を考えていなかったと思い至る。 スケアは、ホウキ憧れのカカシも何度も失敗して反省しやり直してきた事・掟を尊重するあまり友を失い、謝りたくてももう謝りたい人はそこにいない事を聞かせてやる。

    「君がもし謝るんなら今しかないんじゃないかな」


  • カカシは、百貨店の包装紙を使った荷物は沢山あるのに、どうやって爆弾入りの物を見分けられたのかと疑問を投げる。 爆弾入りには本物と違って百貨店のシールが貼っていないから分かるのだが、ホウキは先程発見された物以外にも残っていると気付く。 彼は一度見た物を絶対に忘れない記憶力を誇る。レンガが落とした荷物の包装を記憶から呼び出したところ、爆弾入りが3つ有った。 犯人は警戒を緩ませる為に、わざと時間指定のメモを残し、爆弾入りを1つだけ発見させた。 そして、発見させた物より遅い時間指定で、また別の爆弾入りを郵送していた。

  • 爆弾入りの内1つは既に市街を郵送中で、爆発まで15分しかない。ハコとレンガを呼んだホウキは、ハコに指揮を頼む。 洞察力に優れたハコなら3人の力をどう使えばいいか、最適な指示を出せると考えた。まずホウキがこの時間帯の配達員が誰かを思い出す。 ハコはその配達員ならどの順番で配達するか推測し、二十五班は爆弾入りが手渡される瞬間に間に合った。しかし時限式爆弾にエラーがあり、解除できない。 そこでレンガは周りと離れた位置に移動し、自分に向って爆弾を投げさせる。彼は強力な遮断壁をつくり、爆発を防いだ。

  • 解決したところに、元の姿のカカシが現れた。 指揮官を交替するとは思い切ったことをする――言われたホウキは、スケアからカカシの話を聞いて仲間の事を真剣に考えたから思いつけたと語る。 ホウキ達はお互いに謝り、コツコツ頑張っていこうと決めた。 後日、カカシの推薦でサイが二十五班の担当上忍となった。3人の能力は諜報活動に向いていると判断された。



ポイント

    anime115
  • 竹取ホウキが、字幕上では全て煤竹ホウキになっている。字幕のみ、なぜか初期設定になっているようだ。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    115話「第二十五班」 スケア はたけカカシ
    竹取ホウキ 黒衣ハコ 国防レンガ 煤竹ホウキ 

    フリージャーナリスト 郵便局 爆弾事件
    タケトリホウキ クロイハコ コクボウレンガ


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第114話「ゲマキ代理戦争!!」◆アニメBORUTO

第114話「ゲマキ代理戦争!!」 2019.07.08




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

油女シノ ロック・リー メタル・リー 雷門デンキ
奈良シカダイ 結乃イワベエ 雷門カンパニー社長


概要

  • 最近ボルト達男子の間で、「激・忍絵巻(通称:ゲマキ)」というカードゲームが流行している。有名な忍達のイラストカードに、カードバトルにおける能力値等が記されている。熱中する男子を見るサラダは呆れ顔だが、すぐ完売するほどの人気商品だ。

  • 誰のカードが出たかで盛り上がるボルト・シカダイ・メタルは、アカデミー時代の教師・油女シノと会う。赤丸のカードまであるのに自分のカードは無いと内心気にするシノを見たボルト達は、ゲマキを製造する雷門カンパニーに出向く。社長は、ボルトの同期・デンキの父である。

  • ゲマキ第2弾のカード化リストには空枠が1名分あると知ったボルトは、シノをカード化してもらうよう社長に頼む。しかしメタルは、自分の父ロック・リーもカード化されていないと気付く。デンキは父に、雷門カンパニーとしてはより売れる方をカード化すべきと進言する。そこでシノとリー、どちらに需要が有るか調査する為、ゲマキ購入者を対象にアンケートをとることになった。

  • ボルトとシカダイは、シノの知名度を上げる為、商店街でシノの似顔絵ビラを配布しつつ、彼の戦功をアピール。メタルと協力するデンキは、リー仕様のラッピング雷車を走らせながらアピールする。社長が人気投票の途中経過を集計したところ、リーが圧倒的優勢であった。このままではシノは一生影の薄い存在だと焦るボルトは、とにかく目立つことをしようと考える。

  • 土遁が得意なイワベエにナルトの激レアカードを譲り、火影岩の横にシノの顔岩をつくらせる。この作戦に気付いたメタルは、木ノ葉旋風でシノ顔岩を削ってリーの顔に造り替えようとする。ボルトとメタルが争っていると、当のシノとリーが駆け付けてくる。2人は、そんな事で目立とうとは思わないが、教え子の気持は嬉しく思っていた。

  • その時、市街地で火事が発生し上階に子供が取り残されていた。リーが得意の体術で即席シノ/リー像を、燃える建物まで蹴り飛ばした。像は給水タンクを破り、消火に成功。シノは大量の寄壊蟲を駆使し、建物から子供を運び出した。

  • その後、ボルトとメタルがゲマキ第2弾を購入すると、シノとリー両者ともカード化されていた。さきの活躍で2人共人気が急上昇した為、社長は2人ともカード化したのだ。しかし購入した他のゲマキカードも、シノとリーばかりが続けて出る。目的を達成したにも関わらず、ボルトもメタルも落胆するのだった。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第114話「ゲマキ代理戦争!!」 ゲマキ
    油女シノ ロック・リー メタル・リー

    激忍絵巻 通称ゲマキ 奈良シカダイ
    雷門デンキ 結乃イワベエ 雷門カンパニー


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む