第113話「隊長の素質」◆アニメBORUTO

第113話「隊長の素質」 2019.06.30




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

奈良シカダイ 風祭モエギ
結乃イワベエ 伊豆野ワサビ トンスケ


概要
  • ナルトとシカマルの協議の結果、一人しか昇格できない中忍に選ばれたシカダイ。 急ごしらえのメンバーで「ちょっと山奥までお使い」という初隊長任務が与えられた。 彼が所属する第十班の担当上忍・風祭モエギは助言する。

    「班ってのは、アンタが四人いるわけじゃないんだからね」

    シカダイは、いざとなれば自分1人でどうにかする、と余裕を見せる。

  • 今回の任務のメンバーは、結乃イワベエ・伊豆野ワサビ・うずまきボルト。 山の上に生えている花"ゲッコウラン"を持ち帰るのが任務内容である。 この花は4年に一度、満月の昇ったわずかの間しか咲かない。 薬の原料でもあり高値で売買される為、盗人も狙ってくるかもしれない。 シカダイは、ブタの"トンスケ"をガイド役にする。 嗅覚が鋭いトンスケは、ゲッコウランを見付ける能力がある。

  • 夜の山道に狼が出没した為、シカダイは1名に探索させようとした。 しかし常に先陣を切ってきたイワベエとワサビは、指示に従わず駆けだす。 ワサビの咆哮で狼もトンスケも走り去ってしまう。 一同は何とかトンスケを見つけ出す。 こうなったのはワサビの術のせいだ、いやイワベエが手ずから運んでいたトンスケを降ろしたせいで逃げ出したのだ、と2人は言い争う。 2人の諍いが続くためシカダイは、ワサビを先頭、イワベエを最後尾に配置し、任務中は一切2人で話すなと命じた。

  • ゲッコウランを見付けられるトンスケを狙って盗賊団が現れる。 イワベエとワサビは、またも陣形を崩し連携も取らず敵に向かっていく。 盗賊団は追い払ったが、シカダイは足を負傷し、トンスケも逃げ出してしまう。

  • トンスケを見付けたシカダイは、簡単な筈の任務が今日はムチャクチャだと言った。

    「それなら俺1人で任務に当たったほうがまだ確実だ」

    足手まとい扱いされたと感じたイワベエとワサビも、シカダイの指示を責める。 連携をとれなかったのはシカダイの命令のせいだ、もめごとを止めようとして別の失敗を招いた。 イワベエに自分だけでどうにかしろと言われたシカダイは、イワベエとワサビをその場に残した。

  • 改めてボルトとゲッコウランを探すシカダイは、今連れているトンスケは先程盗賊団に入れ替えられた別のブタだと気付く。 シカダイとボルトは、向こう側の崖に本物のトンスケを連れた盗賊団を発見する。 しかし足を負傷したシカダイは、谷をジャンプで飛び越せない。
    「ここにイワベエがいれば、向こう側まで橋を作れたかもしれない、シカダイがたくさんいてもどうにもならない事もあるだろう。」
    ボルトにそう諭されたシカダイは、自分の独りよがりを実感した。

  • そこに駆けつけたイワベエが向こう側まで橋を作った。シカダイの負傷に気付いた彼は、ワサビと共に追ってきたのだ。 2人は自分達にも非が有ったと、シカダイに謝る。一方、盗賊団に連れ去られたトンスケは空腹から激しく鳴き始めた。 ワサビの鋭敏な聴覚で、一行はトンスケの居場所を掴んだ。

  • シカダイ達が盗賊団を拘束すると、頭目は慌ててトンスケにゲッコウランを見つけさせようとする。 トンスケが反応した茂みに有ったのは、ゲッコウランではなくブタの餌であった。 シカダイは、あらかじめ盗賊団の進行方向に餌を仕込んでいた。 空腹のトンスケは確実に餌に反応する為、盗賊団は結局ゲッコウランを見付けられないという仕掛けである。

  • 任務完了し帰還したシカダイ達に、モエギは今回の任務はテストだったと明かす。 任務内容自体は本物で、いつもと違うバラバラのメンバーで班編成したのは、シカダイの隊長としての能力を試すためだった。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第113話「隊長の素質」 奈良シカダイ 隊長 中忍 風祭モエギ
    伊豆野ワサビ 結乃イワベエ

    ゲッコウラン トンスケ


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第112話「中忍昇格首脳会議」◆アニメBORUTO

第112話「中忍昇格首脳会議」 2019.06.23




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

大筒木ウラシキ シンキ ヨド アラヤ

概要

  • 前回の中忍試験は、大筒木一族の襲来によって中断された。 シカマルとナルトは、一人しか枠が無い中忍に誰を選抜すべきか相談していた。 中忍は部隊長である為、部隊を率いる統率力・戦況を見極める判断力が求められる。

  • 中忍試験の各人の戦いぶりを思い起こしたナルトは、サラダを中忍にすると決めた。 そこに帰還したサスケが、姿を消した大筒木ウラシキの報告を持ってきた。 ウラシキはモモシキ・キンシキより前に、この地を訪れていた痕跡がある。 ウラシキは偵察の役割を持っていた可能性も有り、いつ再び姿を現してもおかしくない。 予断を許さない状況はまだ続く。サスケは再び調査に向かおうとする。

  • その時サスケは、机上のサラダの写真に目を止めた。三人共サラダの実力は疑っていない。 しかし中忍試験後、岩隠れの事件に向かった木ノ葉の下忍の働きを考慮せずに、サラダに決定してしまって良いものか。 サスケが岩隠れの事件に言及したことで、ナルトはSランク任務に匹敵する例の事件から下忍達が生還できたのは、シカダイがリーダーの役割を果たしたからではないかと思い至る。

  • シカマルはシカダイに、中忍昇格を告げる。 シカダイには統率力・判断力だけでなく、中忍にとって最も大事な素養、仲間への思いがあるから選ばれたのだと言った。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第112話「中忍昇格首脳会議」 大筒木一族の襲撃 中忍昇格
    うちはサスケ 奈良シカマル 大筒木ウラシキ モモシキ キンシキ

    中忍試験 岩隠れの事件 奈良シカダイ
    アラヤ ヨド シンキ


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第111話「湯煙忍法帖・ミライの玉(ぎょく)!!」2019.06.16◆アニメBORUTO

第111話「湯煙忍法帖・ミライの玉(ぎょく)!!」 2019.06.16




概要

  • 無断でカカシ・ガイと別行動を取るミライはタツミと共に、死者に会えると噂の「蘇り温泉」に向かった。 同じ目的で集まった大勢の若い女性達と温泉内に入ると、死者を蘇らせるという龍奇なる人物が居た。

  • ミライは、猿飛アスマが死亡した任務に関する極秘資料の内容を思い出した。 飛段という忍は不死身の身体を持ち、攻撃対象の血を取り込むと自分とリンクさせられる。 己が受けたダメージを対象者に転換でき、この呪術によってアスマは殉職した。 報告書には、円の中に三角形が有る図が記されていた。それは、龍奇が付けている指輪と同じ図柄だった。

  • 亡くなった人の声を聞いた気がする女性達に、龍奇は聖なる水と言って椀を渡した。 合図と共に飲めば、亡き人に会えると説明した。 父と一度も会ったことが無い自分は気付いてもらえないかもしれない、とミライは不安をもらした。 龍奇は、むこうの世界にいるアスマと会ったことがあり彼もミライに会いたがっていた、と不安を払拭しようとする。 ミライから名の由来は将棋の天才トキ・ミライだと言われた龍奇は、アスマもよくその名を口にしていた相槌をうつ。 このやり取りでミライは、龍奇が嘘を付いていると確信した。トキ・ミライなど実在しない。

  • ミライは床を浸す水に雷遁を流し込み、室内に催眠効果ガスが充満していると暴露した。 本性を出した龍奇は、タツミを人質に取る。連続失踪事件の犯人も彼で、崇拝する神・ジャシンへの生贄 とする為に若い女性達を集めていた。タツミの血を取り込んだ龍奇は、呪術・司操血で 手元の人形をリンクさせ、ミライに襲い掛からせた。 タツミを攻撃出来ないミライを、龍奇はぬるいと嘲る。 そこにカカシとガイが駆け付けた。龍奇が人形を取り落とした為、タツミの呪いは解けた。 ミライは、別室に逃げる龍奇を追う。

  • 辿り着いた部屋は、生贄と引き換えにジャシンが不死身の身体を与えるという儀式の間であった。 室内に仕込まれた大量の槍が、四方からミライを狙う。龍奇は飛段をジャシン教の英雄とみなしており、 アスマの娘であるミライを殺せば、自分は彼の後継者を名乗れると思っている。 龍奇は、こんな生ぬるい時代に生まれてしまった事を悔やみ、今の時代は輝かしかった時代のおまけにすぎないと主張する。 それはミライの中にもある想いだった。 以前カカシに言った、自分達の世代は命がけで戦っていた上の世代には追い付けないという悩みと同じだった。

  • 龍奇の鎌がミライの腹部を裂いた。血を取り込まれてしまったミライは、タツミと同じように呪いを受ける。 龍奇はミライとリンクした人形の心臓部を貫いた。ミライは絶命し、生贄の儀式は成されたかに見えた。 不死身の力を実感する龍奇だったが、瞬時にミライの姿が消え失せた。 見ればミライは傷を負っていない上、カカシとガイも現れた。龍奇はミライの幻術にかかっていた。 ミライの血と思った液体は、途中の飲泉で汲んだ鉄分強めの温泉水であった。

  • 自分は不死身だと狂信し迫りくる龍奇を、ミライはチャクラ刀で迎え撃とうとする。 カカシとガイには、ミライの後ろ姿にアスマが重なって見えた。 ミライは風遁・旋風拳(センプウケン)で、槍も龍奇も押し返した。

  • 目覚めたタツミは、これから故郷に帰って頑張ってみようと言った。 大事なのは過去の思い出より未来だ、とミライとタツミは笑顔になった。 一件落着の様子を見遣るカカシだったが、ガイの足を治せる温泉があれば…と考えてしまう。 ガイは、今生きてお前と話せている・守ってきた玉が受け継がれ未来に希望があふれていると思えるだけで、 それ以上望むことは無いと言い切った。

  • 木ノ葉への帰路、カカシはミライに事件の詳細を聞かせた。 龍奇の術は、本物かも怪しいジャシン教の資料を手掛かりに模造した物で、飛段の術とは違うらしい。 また、カカシとガイは本当に息抜き旅行を装い、湯隠れの里と連携して連続少女失踪事件の調査を行っていたのだと明かした。 道中で出会ったキバ・テンテン・チョウジの三人も実は、カカシの指示で観光のふりをしつつ情報収集を行っていたのだった。

  • 帰還したミライはシカマルと将棋を指していた。 そして出されたクイズの正解も出せた。忍が守るべき玉とは未来。それは、どんな時代でも変わらない。 龍奇と会ってミライには分かった事がある。 過去の時代ばかりをすごかったと考えてばかりいるのは止め、これからのことを考えると決めた。

  • 三代目火影・猿飛ヒルゼンの顔岩の上に立つミライ。手に持つチャクラ刀を誇らしく見つめる。

    「猿飛紅と猿飛アスマの娘。私の名前は猿飛ミライ!」


ポイント



  • 幻術の中でミライが絶命する描写は、サラダの時よりもマイルドだった。腹部を負傷したり吐血する描写は有るものの、サラダのように切断されても貫かれてもいない。流血は全て幻術で、実際のミライは目立つ傷は負っていない。

続きを読む

第110話「湯煙忍法帖・蘇り温泉!!」 2019.06.09 ◆アニメBORUTO

第110話「湯煙忍法帖・蘇り温泉!!」 2019.06.09



タツミが突然「死者に会える温泉がある」と言い出した。実は死んだ母に会うために旅をしていたという。ミライは、タツミとともに死者に会えるという温泉に行くことにする。


概要

  • カカシ達と同行することになった少女タツミは、死者に会えるという温泉を探していた。亡くなった母に会いたい一心のタツミは、ひとりでも その温泉に向かおうとしていた。 ミライも調査の為だと理由を付け、同行することにした。

  • 途中の飲泉所で水筒に入れた温泉水は、鉄分の味がした。 一休み中、タツミはケンカした翌日に母を亡くしてしまった後悔を話す。 ミライもアスマと会えたら「守るべき玉とは何か」の答えも含め、聞きたいことが沢山ある。

  • ミライは左程運動能力の無いタツミを時に抱きかかえ、二人は道中を急ぐ。 タツミが噂を元に書いた地図にない、2つに分かれた道の前で出会った女性は、死者に会える「蘇り温泉」で亡き兄と会えたと言う。 女性が示した、温泉に至る洞窟は硫黄の匂いがした。 温泉の手前には若い女性が大勢いた。 死者に会う儀式には20人が必要で、ミライとタツミで丁度揃ったらしい。 この温泉は遺跡の中にあった。

  • 洞窟の先の温泉広間には、龍奇様と呼ばれる人物が座し、 この人物が死者に会える儀式を行う。 ミライはどうやって死者に会えるようにするのか問う。 龍奇は死者を兵士として使う禁術・穢土転生について説明する。 彼は穢土転生を研究し、生贄無しで死者を蘇らせる方法を会得したから、 この地を訪れた者と死者を会わせる事が出来ると言った。

  • 集まった女性達は、会いたい人の名前を言い、 順に死者と会わせてもらえる。 ミライから猿飛アスマの名を聞いた龍奇は、内心驚いた。 いよいよミライがアスマに会う番となった。

続きを読む

2019年6月-2◇カカシ烈伝/古くから伝わる百豪?/ 次世代の月は誰か/ヒステリックシカダイ◇ツイートLOG

  • 109話「湯煙忍法帖・ポテチと大岩!!」2019.06.02
  • 110話「湯煙忍法帖・蘇り温泉!!」2019.06.09
  • 111話「湯煙忍法帖・ミライの玉(ぎょく)!!」2019.06.16
  • 112話「中忍昇格首脳会議」2019.06.23
  • 113話「隊長の素質」2019.06.30

  • 小説カカシ烈伝の小ネタ
  • ミツキとシンキとカワキの数式
  • ミツキは大蛇丸のクローンだとか百豪は大昔から伝わるとか
  • ヒステリックなシカダイ







続きを読む

第109話「湯煙忍法帖・ポテチと大岩!!」 2019.06.02◆アニメBORUTO

第109話「湯煙忍法帖・ポテチと大岩!!」 2019.06.02



ミライがカカシとガイを護衛し巡る温泉旅、次に辿り着いたのは“秘湯”と呼ばれる温泉がある村。 ところが肝心の“秘湯”は落ちてきた巨岩の下敷きになってしまっていた。


概要

  • シカマルは師・アスマと将棋を指しつつ、木ノ葉の忍にとって 「玉」とは何か問われた時の事を思い出していた。 火影とも違う「玉」が誰なのか、ミライもそろそろ理解するだろう。

  • 息抜き旅行を続けるカカシ・ガイ・護衛のミライと、同行する成り行きとなった少女タツミは、山中の秘湯に向かっていた。 ミライとタツミは、両親のどちらに似ているかの話題になった。 母親似のタツミに、ミライは自分も母親似だろうと答える。 父は自分が生まれる前に亡くなっていて、何とも言えないところがある。

  • 秘湯のある村に着くと、温泉はひと月前の巨大岩石の落石で埋まってしまっていた。村人達の力だけで撤去するのは不可能だ。 湯隠れの忍は何故復旧を手伝わないのか尋ねると、 最近この村の近くで若い娘が何人も行方不明になる事件があり、 そちらの解決を優先させている為だった。

  • カカシはすぐに手を打ち、 任務で近くに来ていた秋道チョウジに応援を頼んだ。 しかし到着したチョウジは、30分前にポテチを食べ切ってしまい力が出ない。 湯の国の名物「地熱芋」では、油分が無いため食べても効果が無い。 そこでミライは料理が得意なタツミと協力し、ポテチを作ることにした。 チョウジは薄く切ったジャガイモを揚げたサクサクの食感が、ポテチの本質だという。

  • ポテチが揚がる最中、チョウジは師・アスマの思い出話をする。 現十班も付けているお揃いのピアスは、 アスマが旧班員全員の中忍昇進時に贈ったものだった。 彼はつかみどころがないようで、周りをよく見てくれている人だった。

  • ポテチで回復したチョウジは、超倍化の術で岩石をどかそうとする。 ミライは、思い出話の中のアスマが言うように、 今自分に出来る事をすると決めた。 テコで少しでも岩を動かし易くしようとするミライ達を見た村人も、力を尽くし始めた。 チョウジの最後の一押し、蝶モードの炸裂で岩はどかされた。

  • 感謝するミライに、チョウジは言った。 自分が強くなれたのはアスマ先生のおかげだ、 アスマから貰った激励が、玉を守る今の自分の力に繋がっている。

  • ミライがシカマルから出されたクイズも、「玉」についてだった。 そのクイズは元々、アスマがシカマルに出題したものだった。 チョウジは答えを言わない。 アスマが命をかけて守ろうとした玉が何だったのか、 いずれミライにも分かるとだけ言った。 そして誰かの力になろうと必死で考え抜くミライの姿は、 アスマにそっくりだと。

  • その夜、温泉に浸かりながらタツミはミライに問う。
    父親の事を知りたくないか?
    実はタツミの旅の目的は、母の供養ではなく、 死んだ人に会えるという温泉だった。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第109話「湯煙忍法帖・ポテチと大岩!!」 小説・木ノ葉新伝 猿飛ミライ はたけカカシ マイトガイ
    猿飛アスマ タツミ 秋道チョウジ

    夕日紅 湯の国 奈良シカマル チャクラ刀


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

2019年6月-1◇ミツキ失踪編のDVD-BOX / 分かり合えなかったミツキとツクラレ達◇ツイートLOG

  • 人造人間に ほだされたマッドサイエンティスト
  • 分かり合えなかった ミツキとツクラレ達
  • ツクラレ達が全滅したのはセキエイのせい
  • DVD-BOX5 特典の残念さ







  • 続きを読む