第9話「自分の証明」◆アニメBORUTO

第9話「自分の証明」 2017.05.31




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

うずまきヒマワリ 日向ヒアシ ハナビ カゲマサ

概要
  • ヒアシは、ボルトに白眼が発現したか、手合わせで試すと言った。ヒアシでは手加減できないだろうからと、ハナビが代わりを申し出る。

  • 『この目が特別だって、証明してやるってばさ』

    ハナビは白眼を発動し、空掌をくらわせる。ボルトも影分身で立ち向かうが、軽くいなされる。また白眼の特性から、死角も殆ど無い。影分身とクナイ投擲で四方から攻撃を仕掛けても、八卦掌・回天で弾かれた。

  • 結局、ボルトに白眼が発現した形跡は無かった。空元気を装うが、ボルトは落ち込む。珍しく真剣なボルトに、ナルト達も嘘をでっち上げているわけではないと感じる。

  • 夜の市街地、ボルトは映画カゲマサの広告を見かける。映画の彼のように行動で証明できない状況を苦笑していると、夜間訓練帰りのサラダと会った。彼女によると、カゲマサ続編は制作中止になったという。そして雑踏に、黒い影に取りつかれた人物を発見した。

  • 後を追うと、その男は工事中のビルに入っていく。彼はすっかり太ってしまったカゲマサだった。すぐ痩せてみせると言いながら、菓子を暴食している。にわかに信じられないボルトに怒り、襲い掛かってきた。

  • ボルトに投げつけられる鉄骨を、サラダが弾く。一旦隠れ、サラダはカゲマサが暴走した経緯を尋ねる。黒い影が原因と説明されても、意味が分からない。しかし、何とかカゲマサを止めようとするボルトが嘘付きとは思えなかった。

  • ボルトは影分身を出し、あえてカゲマサに捉えさせた。その隙にサラダが風魔手裏剣を投げる。カゲマサは回避するが、実はボルトの変化であった。ボルトの掌底がヒットし、カゲマサから影が離れる。

  • 後日、ニュース番組で映画カゲマサ続編の制作決定が報道された。結局ボルトの目については、分からないままだ。しかしボルトには余裕が出ていた。白眼が本当に発現したかはどっちでも良い、信じてもらいたければ行動で示すしかない。



ポイント


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    日向ヒアシ 日向ハナビ うずまきヒマワリ カゲマサ

    白眼 忍者学校入学編 魔眼 エビルジャマー
    八卦掌・回天 風魔手裏剣 うちはサラダ


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第8話「夢のお告げ」◆アニメBORUTO

第8話「夢のお告げ」 2017.05.24




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

大筒木トネリ うずまきナルト 奈良シカマル ヒナタ ヒマワリ
日向ヒアシ ハナビ カゲマサ


概要
  • 満月が木ノ葉の里を見下ろす。月面では、何者かが流星を眺めていた。

    『鬼宿に箒星が入った。
    星辰のさだめ。収穫の時は近い。
    鍵となるのは、やはり彼か』

    白い髪、白い衣の男は呟いた。

  • ボルト・シカダイ・デンキ・イワベエは、魔眼の忍者カゲマサが悪党を退治するアクション映画を観ていた。鑑賞後は、忍界対戦の英雄ナルトの日常に話題が及ぶ。ボルトは激務で疲れた父のダサさを暴露した。

  • 帰路の雷車、ボルトとシカダイは謎の影が引き起こす事件について考え込む。今やアカデミーの外でも被害者が出始めている。映画と違って、敵の姿を掴めないのが歯がゆい。

  • ボルトは自室で、影分身たちと考えを整理する。影に取りつかれた者の内、デンキとマギレは気絶させなくても正気を取り戻した謎。影は化物の形を取るから、チャクラとは別物なのか。なぜボルトにだけ見えるのか。周りの人々をおかしくした存在は許せない。分からない事だらけでも、父や先生達に事件解決を任せきりにしたくなかった。

  • 空腹を覚えたボルトがコンビニに向かうと、シカダイも居た。母方の白眼が発現したから、ボルトにだけ例の影が見えるのではと仮説を立てるシカダイ。「日向一族だけに継承される全てを見抜く瞳」いつのまにか現われたミツキが補足する。

  • 就寝していたボルトは気が付くと、朽ちた遺跡のような場所に居た。ボルトにとっては見知らぬ相手――大筒木トネリが語りかけてくる。ボルトの瞳は、世を破滅から救う希望なのだと。ボルトは起床するなり、鏡を見た。一瞬右目が青白く発光したかに見えた。

  • 一方シカマルも、里の者が前後不覚となりチャクラも奪われる事件の調査を進めていた。今はシノがおかしくなる前に立ち寄った場所、接触した人物を洗い出している。ナルトは被害者がアカデミー周辺、それもボルトの近くに集中していると指摘した。しかし狙いがボルトとは思えない。

  • ナルトが帰宅すると、ボルトの様子がおかしい。バイザーをつけ、キメ台詞に酔っている。訊けば、かなり修行を積まないと開眼しない筈の白眼に目覚めたという。

  • ナルトは、修行に励んでいないボルトにしては不自然だと感じた。しかしヒマワリのように、突然目覚めるケースもある。ヒナタは、ボルトの祖父にあたる日向ヒアシに話を聴く事を勧めた。

  • ナルト・ヒマワリと共に日向宗家を訪れると、ヒアシから熱烈に歓迎される。彼は孫達を溺愛している。伯母のハナビも同じ調子であった。

  • ヒアシによれば、白眼は日向の血をひく者すべてに発現するわけではない。厳しい修行なくして開眼する事は、まず無い。使いこなせるかにも、差異が有る。本当にボルトが開眼したのかは、ヒアシ自らが確かめようと宣言する。


ポイント

  • ボルトにだけ例の影が見えるのは白眼が関係しているのか、というのが8話のポイント。各キャラが白眼とはどんな物かを解説していく。

  • ミツキ

    「白眼…三大瞳術の一つだね。 木ノ葉最強と呼ばれる日向一族にだけ継承される 全てを見抜く瞳。」
    「もし本当に白眼なら凄いよね」

    シカマル

    「普通、白眼はかなりの修行を積まないと発現しないもんだぞ」

    ナルト

    「シカマルの言った通り、開眼にはかなりの修行が必要なはずだ」

    ヒアシ

    「普通は、たゆまぬ鍛錬や厳しい修行なしに開眼する事は まず無い」


  • アニメ版BORUTOの白眼とは、最強一族の血を引く者が厳しい修行を積まないと開眼しない稀少な存在らしい。

  • 木ノ葉に来たばかりのミツキが上記の台詞を言ったということは、大蛇丸(一味)も日向一族が木ノ葉最強で白眼を凄いと認識していると考えられる。そうだとしたら、うちは一族に執着し続けた原作の大蛇丸とかけ離れ過ぎている。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    大筒木トネリ うずまきナルト 奈良シカマル ヒナタ ヒマワリ
    日向ヒアシ ハナビ カゲマサ

    白眼 淨眼 厳しい修行 血継限界 日向一族
    忍者学校入学編 魔眼 エビルジャマー


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第7話「恋とポテチ…!!」◆アニメBORUTO

第7話「恋とポテチ…!!」 2017.05.17




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

筧スミレ マギレ

概要
  • ある日の雷バーガー、ボルトはシカダイに拙い絵で説明を試みていた。メタルやシノに取りついた謎の影についてである。シノは「操られるみたいな感じ」がしたと言った。シカダイは操られた者達に記憶が残っている不自然さ、操った者の目的が気にかかる。

  • 連れだって歩くサラダ・チョウチョウ・スミレは、背後から凝視してくる気配に気が付くが、姿を捉えられない。それ以来、彼女達は毎日「ストーカー」の視線を感じるようになった。

  • また視線を感じたチョウチョウは、自販機ごとストーカーを圧し潰す。騒ぎを聞きつけ、ボルト・シカダイ・ミツキも駆けつける。チョウチョウは、気弱そうなストーカーが隣のクラスのマギレと気付く。イケメンが少ないアカデミーの中では、まあ上位だと評価していた。

  • ボルトはマギレから例の影を感じなかった。ストーカー行為の理由を聴くと、スミレへの恋慕であった。チョウチョウに背中を押され告白するも、あえなく断られる。なんでも一度は勝負してみないと分からない、と励ますチョウチョウ。しかし失意のマギレは逃げ去っていく。

  • その後も怪現象が続く。マギレは登校していないにも関わらず、黒板に『スミレ いつも君を見てるよ』のメッセージ、スミレへの想いを綴った紙が大量にバラ捲かれる。ボルト達とスミレが校舎を移動していると、突然シャッターが閉まる。ひとりでに煙玉の箱が落下し、戸が閉まり、スミレは孤立する。犯人は、姿を消せるマギレであった。

  • マギレは屋上でスミレを追い詰めていた。ボルトの青白く発光した右目は、今のマギレに例の影を見た。姿を消して攻撃してくるマギレ。チョウチョウは、弱さ情けなさは隠せていないと一喝した。姿を現したマギレはポテチをもらい、美味しさに涙する。黒い影が消え去ると、マギレは気絶した。その様子はチャクラが急激に減った状態と近かった。

  • シカマルは、ここ最近チャクラを奪われ病院に運ばれる者が出ていると報告した。



ポイント

    07-08_miss.png

  • アニメ序盤の忍者学校入学編は、謎の転校生ミツキをトネリ関係者だとミスリードしようとしたのだろう。
    7話は『なぜボルトにだけ例の影が見えるのか』と呟き、満月を見上げるミツキで終わる。
    8話は木ノ葉を見下ろす満月にズーム、月世界で『鍵となるのは、やはり彼か』と呟き、地球を見下ろすトネリで始まる。

  • 08_toneri02.png

  • ミスリードは続く。8話の夢の中、ボルトはトネリと出会う。トネリの顔は影になり見えない。
    ボルトの瞳に映るトネリの容貌は、髪色と髪型が近い為、ミツキそっくりに見える。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    マギレ 筧スミレ ストーカー


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第6話「最後の授業…!!」2017.05.10◆アニメBORUTO

第6話「最後の授業…!!」 2017.05.10




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

油女シノ みたらしアンコ 海野イルカ
猿飛紅


概要
  • ボルト・シカダイ・ミツキは、シノから森に呼び出された。「最後の授業だ」と言い出すシノには殺意がみなぎり、大量の寄壊蟲で攻撃してくる。ボルトの右目が青白く発光した。シノも青黒い影に取りつかれている。

  • 生徒に軽く見られ、努力も裏目に出た事が変貌の原因らしい。シノの実力は上忍クラスといわれ、三人がかりでも勝ち目はない。逃走しても蟲達が追跡してくる。

  • ミツキはシノを殺すしかないと提言したが、賛同は得られない。シカダイは今の冷静さを欠いたシノなら、隙を付けるかもしれないと策を立てた。

  • 水中ならば蟲を駆使できないと考え、ボルトとシカダイで陽動する。その間にミツキの伸ばした腕でシノを水中に引き込んだ。シノは水中でも活動出来る虫を放ち、ミツキは雷遁・蛇雷で迎え撃つ。衝撃でシノから謎の影が離れた。シノを水面上に打ち出したミツキは消耗し、助けに入ったボルトも沈んでいく。正気に戻ったシノは巨大な蟲を口寄せし、二人とも救出した。

  • シノは教師を辞めようともした。しかし、今までの事を謝りシノの実力を称賛するボルト達を見て、嬉し涙を流す。顛末の報告を受けたナルトも、シノを労う。そしてナルトとシカマルは上忍すら操る謎の力に脅威を感じる。



ポイント

    06_hair

  • ミツキの髪は水中でも跳ねたままで、まとまりを残している。ガラス槽に浸かった途端、細かくバラけるセキエイの髪と質がまるで違う。

  • ミツキは水中で消耗しきり、沈んでいく。しかしシノに救助された後、しばらくすると平然と立っている。寝込んでいた様子も無い。ミツキは回復スピードが速いのだろうか。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    油女シノ みたらしアンコ 海野イルカ
    猿飛紅

    雷遁蛇雷 寄壊蟲 忍者学校入学編


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第5話「謎の転校生…!!」◆アニメBORUTO

第5話「謎の転校生…!!」 2017.05.03




ポイント

    anime05
  • 夜の市街地、ミツキは白蛇を通して大蛇丸に報告する。

    「彼?会えたよ。まだあまり話は出来てないけど。
    楽しみだよ。彼が僕の太陽なのか、それがもうすぐ分かる」



  • (1)上記のやり取りは、原作のミツキ外伝「満ちた月が照らす道」及び、それをアニメ化した39話と矛盾する。原作外伝において、ボルトの写真を「太陽の写真とでも」と言ったキャラはログ(大人ミツキ)だけである。ミツキは、芝居を終えた後の大蛇丸とログの会話を聞いていない。

    つまり、ミツキは大蛇丸あるいはログから、特定の誰かが「太陽」だとは聞かされていない。
    よってミツキが、誰かを「太陽」と表現するのはおかしい。

  • (2)アニメ5話では、大蛇丸がボルトを話題にしている。
    しかし、原作の大蛇丸はボルトについて一言も言及していない。

    大蛇丸は、ボルトの父であるナルトにも一貫して興味を示さない。
    またミツキ外伝の大蛇丸は、巻物の中身が何なのか知らない。
    ログが何を指して「太陽の写真」と言ったのかも分からない。

    よって原作ではボルトに一切興味を示さず、巻物の中身を知らない大蛇丸が、
    ボルトに注目しているように描くのはおかしい。
    大蛇丸が、ミツキの太陽はボルトだと決めたなどというのは、妄言である。

  • (3)ログは、ボルトの写真について「太陽の写真とでも」とコメントした。
    しかしミツキ外伝をしっかり読めば、ログが巻物に入れる物は毎回違うと分かる。

    ログは6回目の時だけ、ボルトの写真を入れたに過ぎない。
    また大蛇丸と同じくログも、ボルト個人については一言も言及していないし、
    特定の誰かが太陽だとも言っていない。
    ログが、ミツキの太陽はボルトだと決めたなどというのは、妄言である。

  • ミツキが見付けるべき太陽(=仲間達)のサンプルとして誰か一人の写真を入れるなら、ボルトを選ぶのが自然である。
    やはり仲間や親友といったら同性・同年代の人物を連想するし、どれか一枚を入れるなら有名人(この場合は火影)の子供をピックアップしたくなるだろう。

    ログがボルト個人に関心があると考えられる根拠はない。
    名前さえ知らず「火影の息子」としか認識していない可能性もある。
    ログが六分の一の割合でボルトの写真を選んだ理由は、ボルトが火影の息子だから以外に考えられない。


レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

ミツキ 猿飛紅 海野イルカ

概要

  • ボルト・シカダイ・イワベエが市街地を歩いていると、アカデミー落第を逆恨みした男が火遁を連発していた。またもボルトの右目が青白く発光し、男の背後に例の黒い影を認める。三人で応戦し追いかけた所、男は路地裏で気絶していた。その傍らには、見知らぬ少年が佇んでいた。

  • 当面青空教室となるアカデミーに転校生が入ってきた。今朝ボルト達が見かけた謎の少年であった。名をミツキと言い、音隠れの里からやって来た。彼はボルトを知っているようで、早速親しくなろうとする。

  • 授業中居眠りばかりでも、ボルトは算術の問題を難なく解いていく。シノは、調子に乗るボルトに確実に解けないだろう難問を出す。それをミツキは簡単に解いてしまう。

  • 実技訓練では、パワーに優れるイワベエがボルトから一本取った。次はミツキがイワベエと対戦する。イワベエを圧倒したミツキは、勝負がついた後も、彼の首を締め続けた。シノやボルトは、ミツキは加減が分かっていないと気付く。

  • シノは、かつての師・猿飛紅に相談に乗ってもらう。彼女は、シノなりに癖のある生徒達と向き合っていけばいいとアドバイスした。その夜、ミツキは白蛇を用いて誰かと通話していた。木ノ葉の状況と、ボルトに会えた事を伝える。

  • 翌朝シノは、ミツキの歓迎会を開催。ミツキはクラスに溶け込めているようだと安堵する。ところが、シノの用意した動くヌイグルミのしかけが、油女一族の奇壊蟲と発覚し、虫を嫌がる生徒達で阿鼻叫喚となる。

  • ミツキが風遁突破で蟲を吹き飛ばした結果、飾りつけも料理も台無しになり、修復中の校舎にまで損害が出てしまう。歓迎会は失敗し、工事担当者から叱責を受け、生徒達からは頼りなく学ぶものが無いと言われたシノは、どん底まで落ち込む。

  • ボルト達が青空教室で自習していると、校舎から騒音が聞こえてきた。修理に邪魔が入り怒った工事担当の男が、角材などを投げ暴れていた。またボルトの右目が青白く発光し、男に取りつく影を捉えた。「やっぱり見えるんだ、君には」、とミツキは「影」について何か知っているようであった。シカダイは、ミツキがメタル達をおかしくした犯人ではと疑う。

  • 男を取り押さえたボルトは、彼ともども地面に落下しかける。すんでの所でミツキの風遁により助かり、青黒い影も同時に消え去る。ボルトも、ミツキが現れた瞬間に影が消えた事を不可解に感じる。

  • 騒動の後、シノは自分が落ち込んでいる間に生徒達を危険な目に遭わせてしまったと、更に自信を失う。背後から黒い蛇のような影が迫り、彼に絡みついた。

  • 翌日、ボルト・シカダイ・ミツキはシノから呼出しを受ける。現れたシノの目は赤く光り、尋常な様子ではなかった。



  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第5話「謎の転校生…!!」 ミツキ 音隠れの里 大蛇丸
    油女シノ 奇壊蟲 満ちた月が照らす道 巳月

    忍者学校入学編 猿飛紅
    夕日紅 忍者アカデミー校長 海野イルカ


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む