第4話「男女対抗忍術合戦!!」◆アニメBORUTO

第4話「男女対抗忍術合戦!!」 2017.04.26




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

猿飛木ノ葉丸 ガマゴロウ

概要

  • 猿飛木ノ葉丸はアカデミーの授業で、口寄せの術を披露。ガマゴロウという大蝦蟇を呼び出して見せた。 彼は女子生徒に人気が有り、質問の時間になった瞬間取り囲まれてしまう。

    anime04

    木ノ葉丸と親しいボルトは、先生と呼べと注意されても、"木ノ葉丸の兄ちゃん"と呼んでいる。 女子に囲まれた木ノ葉丸をからかったボルトは、チョウチョウに「男の僻みはみっともない。見た目も中身も圧倒的に負けてるし?」とやり返される。

  • ムキになったボルトは、木ノ葉丸の巻物を奪い自分も口寄せの術をしようとする。 しかし、口寄せの術は、異界の動物と血で契約を交わさないと使えない。 契約すれば、好きな時・好きな場所に獣を呼び出せる仕組みだ。ただ契約したとしても、獣にいうことを聞かせるも難しい、とシノは教える。 その為アカデミーでは、まず忍具の口寄せから始まる。

  • 可愛らしい動物を口寄せしたい女子と、インパクトのある何かを口寄せしたがる男子とで、お互いを見下し合う空気になる。 そこに男子が普段から騒ぎを起こしたり掃除中に遊んでいて迷惑を被っている、とサラダを中心に女子たちが抗議し始める。 その場は授業中という事も有り、木ノ葉丸がおさめた。

  • しかし昼休みの売店で、残り1個の焼きそばパンを巡ってボルトとサラダは火花を散らす。 騒動を聞きつけた女子と男子は、授業中のいがみ合いを再開する。 「他者に負けたくない思いが忍を成長させる」と、今度は教師のシノも止めない。 逆に、放課後のアカデミーを戦いの場として使わせてやる。数々のトラップが仕掛けられた校舎の屋上の旗を取った方が勝者となる。

  • イワベエの土遁、チョウチョウの部分倍加、サラダの手裏剣術、シカダイの影縛り、デンキの電子システム操作、いのじんの鳥獣偽画 ――男子チーム・女子チームはそれぞれの特技を活かし、相手チームを妨害しながら屋上へ向かう。 統率がとれている女子チームに対し、男子チームは脱落者が多い。残ったシカダイといのじんが囮になり、ボルトを進ませる事にした。 ボルトは一人で女子達に応戦する為、校舎内に有った巻物で口寄せを使うと決めた。 今にもチョウチョウが旗を取りそうになった瞬間、ボルトが口寄せを行うと、異空間で眼と花のような文様が反応した。

    anime04

    そして身体の一部が蛇の、正体不明の魔獣が出現する。 チョウチョウを弾き飛ばした魔獣にボルト達は慄くが、屋上に現れた木ノ葉丸が螺旋丸で撃退する。

  • 屋上の旗は、騒動の後に駆けつけたスミレが手にした為、女子チームの勝ちとなった。 サラダ達女子チームは勝利に奢らず、屋上でチョウチョウを助けたボルトに礼を言う。ボルトも女子チームの戦いぶりを褒め、クラスは和解した。 しかし対決の舞台となった校舎は倒壊。当分は青空教室が決定した。その様子を遠くから見つめる少年の姿が有った。



ポイント

    anime04

  • ボルトはバーガーの次に焼きそばパンが好きらしい。昼休み、アカデミーの売店で販売される日は、必ず食べるという。

  • anime04

  • この回の作画は特別、美麗なわけではない。それにも関わらず、舞い上がる髪の表現がひとり妙に丁寧なスミレ。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第4話「男女対抗忍術合戦!!」 口寄せの術 鵺 蛇
    大ガマ 猿飛木ノ葉丸

    忍者学校入学編


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第3話「暴走、メタル・リー!!」◆アニメBORUTO

第3話「暴走、メタル・リー!!」 2017.04.19




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

メタル・リー  奈良テマリ

概要

  • 闇の中、赤く光る目の魔獣がいた。ソレの目がカッと見開かれる。

  • anime03

  • アカデミーでは手裏剣の訓練が始まった。生徒たちは教師シノの注意も聞かず、好き勝手に的に投げ始める。 筧スミレも投げて見るが、的自体から大きく外し

    「はわわ。全然うまくいかない」

    的の中央に簡単にヒットさせる、いのじん・シカダイ・メタル。 しかし、他人から注目されているとメタルは緊張してしまい、実力が発揮できなくなる。

  • ボルトは、イワベエのロッカーから勝手に持ち出した巨大な風魔手裏剣を投げる。 的の近くにいたメタルは避けずに体術・木ノ葉旋風で止めようとするも、あえなく失敗し的を一つ転倒させる。 騒ぎを起こしたボルトと連帯責任でシカマルといのじん、許可なく学校に武器を持ち込んだイワベエ、目付け役としてスミレとメタルに、課外でのボランティア活動が言い渡される。

  • 内容は1話の雷車衝突事故で破損したナルトの顔岩の修復であった。 作業は順調に進んでいく。しかし失敗できないプレッシャーから力み過ぎたメタルは、担当箇所にヒビを入れ顔岩の一部を破壊してしまう。 帰路シカダイから緊張癖と要領の悪さを指摘されたメタルは更に落ち込む。

  • 帰宅し携帯ゲーム機で遊んでいたシカダイは、母テマリの拳骨を受ける。 学校で起こした騒ぎをテマリが問い詰めていると、父シカマルも帰ってきた。

    「完璧なガキなんていない」

    父の言葉を聞いたシカダイは、メタルに言い過ぎたと自覚する。

  • 翌朝、シカダイはメタルを見かけ謝ろうとする。しかしボルトは、メタルの全身を暗い炎が包んでいると気付く。 以前デンキにそれを見た時と同じで、ボルトの右目が青白く発光した。メタルは突如、シカダイに攻撃を仕掛ける。

    「緊張していない僕の、本当の実力を見せてやる」

    追ってきたボルトといのじんもメタルの攻撃のターゲットにされる。

  • シカダイは作戦を練った。まずボルトが影分身で一斉にメタルに攻撃を仕掛け、すかさずシカダイが影縛りの術を繰り出す。 メタルが影縛りの有効範囲を出た瞬間、いのじんの鳥獣戯画の鳥多数がメタルを取り囲む。 メタルは鳥に気を取られている内に、背後から伸びてきた影縛りの術中に落ちる。 今までメタルと対峙していたシカダイはボルトの変化、伸びる影はいのじんが描いた黒い蛇だった。

  • 動きを止められたメタルの全身を、再び暗い炎が包んだ。強い力で影縛りを解こうとする。 しかし影縛りから外れたメタルは悲鳴を上げながら吹っ飛んでいく。 メタルから例の炎が消え去ると、本人はこうなった経緯を全く覚えていなかった。 シカダイはメタルに昨日の言い過ぎを誤り、彼の実力を称賛した。

  • 夕食時、ボルトは母ヒナタに母方の日向一族が持つ白眼の事を聞いた。 その眼は今の所、ボルトにも妹ヒマワリにも備わっていない。 白眼は、透視や遠距離を見渡したり、チャクラの流れを見る能力が有るという。 ボルトは、デンキやメタルを包む炎はチャクラだったのか考え込む。

    anime03

    そこに徹夜明けで疲れ切ったナルトが、珍しく早く帰宅する。ナルトは夕飯はいいと、さっさと就寝する。 ボルトは母が用意した夕飯もとらない父に「バカ親父」と憤る。

  • 携帯ゲーム機での対戦に夢中でサボりをはたらくボルト・シカダイ・いのじんを、教師に報告しようとするメタル。 ボルト達は緊張を克服するツールになると言って、メタルもゲームにハマらせようとした。 しかし協力攻撃の要を任されたメタルは緊張のあまり、ボルトのゲーム機を破壊してしまう。 メタルが緊張癖を克服する日は未だ遠い。

ポイント

    anime03

  • 3話では蛇(龍)のモチーフが繰り返し使われる。メタルが背にする龍のイメージ、 蛇のような尾を持つ正体不明の魔獣、いのじんが描いた影縛りに擬態する黒蛇、 ボルト達が熱中するゲームのボス敵は"キングオブヘルスネーク"という紫の大蛇。

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第3話「暴走、メタル・リー!!」 メタル・リー 奈良テマリ
    筧スミレ 奈良シカダイ 山中いのじん 油女シノ

    うずまきナルト ヒナタ ヒマワリ 日向ネジ
    白眼 淨眼 鵺 チャクラの流れ 忍者学校入学編


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第2話「火影の息子…!!」2017.04.12◆ アニメBORUTO

第2話「火影の息子…!!」 2017.04.12




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

結乃イワベエ 山中いのじん 秋道チョウチョウ うちはサラダ
筧スミレ 油女シノ みたらしアンコ 雷門デンキ


概要

  • かつての「アカデミー」とは、木ノ葉隠れの忍者の養成機関として 過酷な訓練を強いる場であった。 しかし現在は、社会の安定と近代化により、忍術科と普通科 に分かれている。

  • 1話の雷車衝突事件により2週間謹慎の身となったボルトは、この日が初めてのアカデミー登校となる。 同級生の中には、あんな騒動を起こして何故許されているのかと陰口をたたく者もいた。 ボルトは自分を庇ったのだと知っているデンキは、気遣わし気に彼のほうを見た。

    「言いたいように言わせておけってばさ」


  • 並んで座る女子三人、うちはサラダ・秋道チョウチョウ・筧スミレもボルトを話題にしていた。 チョウチョウから「ボルトは幼馴染ってやつ?」と話をふられたサラダは、「ボルトとは親同士が顔見知りってだけで、何ってわけじゃない」と素っ気ない態度を取る。 チョウチョウはボルト本人はさて置き、その父ナルトには憧れを持っている。

    「くぐってきた修羅場の数が、男を磨くのよ!」


  • 「火影の七光りか」と嫌味な様子の、山中いのじんが現れる。

    「今 僕、思ったこと口にしちゃってた?」

    久しぶりに会ったいのじんと握手しようとしたボルトの手を払い、ボルトを信用していないと言ういのじんを、委員長のスミレはとりなそうとする。

  • その後行われたボルトの基礎運動能力の測定結果は、クラスで2番目であった。 1番は結乃イワベエ、3番はサラダである。 イワベエなる生徒は、シロウトと一緒に授業を受けるのは馬鹿らしい、とよくサボるらしい。更に2度卒業試験に落ちた"ダブリ"である。 昼休みに早速話しかけてきたボルトを、イワベエは「火影の息子が馴れ馴れしい。親の七光り野郎」と睨む。

  • イワベエは、現在のアカデミーの在り方を批判する。戦争状態にあった十数年前とは大違いの軟弱な学校になり果てた。 弱いくせに親の力で入学してくる七光り野郎も邪魔だ。それを聞いたデンキは抗議する。ボルト君は七光りなんかじゃない、僕は彼を見て忍術科に進みたいと思ったと。 イワベエは、刃向かってきたデンキの胸倉をつかんだ。助けに入ったボルトは、イワベエの喧嘩を買うと決めた。

  • みたらしアンコは、ボルト達のクラスを受けもつ油女シノにボルトの話題を出す。

    「入学そうそう停学なんて、やるじゃない」

    シノ達が教室に入ると、もぬけの殻だった。クラス全員、ボルトとイワベエの決闘を観戦する為に運動場へ行ってしまった。 イワベエは、この対戦で愛用の武器は使わないと宣誓した。

  • 体術に優れるイワベエがボルトを圧している。イワベエは、時代が時代なら自分はとっくに卒業して忍者になれていた、火影のように戦えていたと 日頃からの憤りを見せる。それは勉学の成績が悪く卒業できない事への逆恨みだとボルトに指摘されると、イワベエは動揺する。

    「そういうの最高にダセェんだってばさ」

    ボルトは影分身を活用し、イワベエに重い一撃を与えた。

  • イワベエは、使わないと宣言した棒状の武器を手に取った。土遁で棒に岩石を纏わりつかせたハンマーを振り下ろす。 そこへ、いのじんの鳥獣戯画の鳥が現れイワベエの武器を奪い去った。 その武器を使わないと言ったルールを破ってしまったら、正当な勝負とは言えない。いのじんの言葉で、頭が冷えたイワベエは己の非を認めた。

  • 後日、ボルトはすっかりクラスの人気者となっていた。それを見て安堵する姿をチョウチョウに揶揄われ、頬を赤らめるスミレの姿もあった。 最初はボルトに皮肉気だったいのじんも、ボルトを認めていた。

    「彼は自分の為でなくクラスメイトの為に戦った。 雷門君がイワベエに殴られそうになった時、誰かひとりでも止めようとした?」

    気まずそうに入室してきたイワベエとも、ボルトは打ち解けていた。



ポイント

  • 教室で並んで座る、サラダ・チョウチョウ・スミレ。ほんの1カットにそれぞれのキャラクター性が良く表れている。 予習・復習に余念がない真面目なサラダ・ネイルファイルで爪を綺麗に整えるお洒落なチョウチョウ・はじめからボルトを憧憬の目で見ているスミレ。

  • anime02

  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第2話「火影の息子…!!」 結乃イワベエ 雷門デンキ 筧スミレ
    油女シノ みたらしアンコ 秋道チョウチョウ うちはサラダ

    忍者学校入学編


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む

第1話「うずまきボルト!!」2017.04.05 ◆ アニメBORUTO

第1話「うずまきボルト!!」 2017.04.05




レギュラー以外の主な登場キャラ (初登場キャラ)

カワキ 奈良シカダイ 奈良シカマル 雷門デンキ 雷門カンパニー社長
うずまきヒナタ ヒマワリ


概要

  • ―忍の時代は終わる。
    倒壊したナルトの顔岩を背に、二人の少年が対峙する。 両者とも、片腕に同じ形状の印が浮き出していた。

    「お前も七代目と同じ所へ送ってやるよ、ボルト」

    カワキと呼ばれた少年は宣告した。 戦う二人の周りを見渡せば、火影岩だけでなく、 木ノ葉隠れの里全体が壊滅していた。

    「だとしても、俺は忍だ」

    刀を手にするボルトの右目が、青白く光り始める。

  • 冒頭の戦いを遡ること数年前、物語はアカデミー入学式の前日から始まる。 雷車の上に乗ったボルトは、親友シカダイと共に限定・青唐辛子バーガーを食し、あまりの辛さに揃って涙目になっていた。 明日にはアカデミー入学だと自覚していないボルトに、シカダイは 「あまり親父さんの顔に泥を塗るような真似をするな」と釘を刺す。 シカダイはボルトの母から「くれぐれも息子をよろしく」 と頼まれている。 シカダイが雷車から降りた後、ボルトは遠くに見える父の顔岩を 見て呟く。

    「父ちゃんなんか関係ねえ」


  • ボルトは不良達に絡まれていたデンキという少年を助け出す。 デンキは火の国一の大企業・雷門カンパニーの御曹司だった。 雷門カンパニーの社長は元忍者で、第四次忍界対戦の功績で 会社の規模を広げた人物だった。 社長は、会社を継ぐには忍術を学ぶことも必要と考えている為、 デンキも明日からアカデミー忍術科に入学すると決まっている。 父の意向に逆らえないデンキに、ボルトは言った。

    「いいじゃねえか、親父が家に居るだけ。 うちの親父は仕事仕事って、家族をほったらかしだぜ」


  • ボルトは父に逆らうのに抵抗は無いが、"怒るとすっげー恐い"母に叱られることは恐れている。デンキと話している内に19時近くなっていたと気付いたボルトは、慌てて帰宅した。 母ヒナタと妹ヒマワリと一緒に囲む夕食の席、話題は明日からのアカデミー の事になる。母はアカデミーで父ナルトと仲良くなった、と何度も 聞かせた思い出を語る。しかし、その父は今日も食卓にいない。 寂しく思う子供達を、母は諭すのだった。

    「お父さん達のおかげで、里が守られているんだから」


  • その晩デンキは、忍術科ではなく普通科に通いたいと父に反抗した。 不良に絡まれないくらい強くあれば、自由な進路を選ばせると 言われたデンキは沈み込む。 自分は強くないと実感するデンキに、どこからともなく不定形の黒い影が忍び寄る。 蛇に形を変えたソレは、デンキの肩口に噛みついた。 デンキの目つきが変わり、昏い光が宿った。どこかの空間にある、赤い紋様に青白い灯が点った。

    「証明して見せれば良いんだろう?力を」

  • anime01

  • 翌朝、アカデミー入学式に向かうボルトはデンキを見かける。 ボルトはデンキの全身が青黒い炎に包まれていると気付く。 それに呼応するように、ボルトの右目も青白い光を放つ。

  • anime01

  • デンキはいつも絡んでくる不良たちを雷車内に入ってくるように 仕向た。その雷車には欠陥があり、デンキは同じレールにもう一台 同じく欠陥品の雷車を走行させている。 デンキはその2台を衝突させようとしていた。 止めようと乗り込んできたボルトに、デンキは言う。

    「父さんに認めてもらうんだ。強い男だって」


  • ボルトに襟首掴まれ、自分で決めろ!と説得された デンキは正気に戻る。 ボルトの影分身とデンキとで、走行する雷車から レールの切り替えポイントを操作し、衝突を防いだ。 しかし元々欠陥の有った車体がもたなくなってきた為、 デンキは不良達を別車両に飛び移らせた。 操縦部に残ったボルトとデンキは、車両がレールを外れるように操作した。

    「俺もお前も、レールなんて関係ねーんだ」


  • 同時刻、アカデミー入学式が始まろうとしていた。 そんな中、ボルトとデンキの乗る車両がナルトの火影岩に衝突した。 入学生と教師一同、ナルトの視線が集まる中、ボルトは顔岩を背に立ち上がった。

    「うずまきボルト、参上だってばさ」

    駆けつけた木ノ葉丸に、これからは先生と呼べ!と 取り押さえられながらも朗らかなボルトを見た デンキも笑顔になる。

  • 火影室で雷車衝突の被害について話すナルトとシカマル。 雷門カンパニーの社長からは、街の修繕代は全て負担する旨と 息子デンキが見違えるようになったと感謝を伝える 書状が届いていた。 デンキを庇った事による謹慎が解けたボルトは、アカデミーに向かう。 登校中、元気な様子のデンキに出会う。 チョウチョウとサラダに「どちらさん?/雷門くんもバカがうつるよ」と揶揄されながらも、デンキも忍術科に通っていると知る。 忍術の凄さを目の当たりにし、機械や科学も取り入れた 新しい忍術を勉強したいと自分で考えるようになった為だ。

  • ボルトはナルトの顔岩を見上た。

    「どんな道を選ぶのか…。親父とか関係ねえよ。俺は俺の道を行く。 これは俺の物語だ。」



ポイント

  • 1話目なだけあって、風になびくボルトの髪の表現が細かい。
    anime01

  • 躍動感を強調するためか、少年達が街中を走り抜けたり、走行する雷車から 飛び移るアクションが多用されている。


  • この記事や関連記事では、以下のキャラや話題に言及しています。

    第1話「うずまきボルト!!」 雷門デンキ 雷門カンパニー 雷車
    カワキ 火影岩 青唐辛子バーガー

    火の国 木ノ葉隠れの里 里長
    七代目火影 うずまきナルト 忍者学校入学編


  • このブログは以下の作品を取り扱っています。

    BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-
    池本幹雄 小太刀右京 岸本 斉史


  • 特に以下についてのコンテンツが多めです。

    BORUTO考察 BORUTO感想 アニメBORUTO ネタバレ アニメ感想
    ミツキ外伝 満ちた月が照らす道 ミツキ失踪編 サラダ外伝 七代目火影と緋色の花つ月

    チョウチョウ編 呪印編 うずまきボルト うちはサラダ
    筧スミレ カワキ 殻
    ミツキ失踪編 ミツキのトモダチ ミツキとセキエイ

続きを読む